話し合っている人達

施工管理者の求人

男女の握手

建設業界では資格所有者が不足している

建設業法では一定の請負金を越える工事には資格保有者の常駐が義務付けられています。以前は一級建築士と二級建築士の常駐が求められておりましたが、一級建築士の試験が難しいため合格する人が少ないということがありました。こうしたことに対応するために一級施工管理技士と二級施工管理技士の資格を作り施工管理者としての常駐を認めることにしました。しかしながら昨今の建設業界の超繁忙状況の中で施工管理者の不足が顕著になっており、求人しても集まらない状況です。建設業者も顧客にしている派遣会社でも求人活動を強化しておりますが、建設会社の求人に応えることが出来ていないのが実態です。求人で提示する金額もぐんぐん上昇しています。

新卒採用では間に合わない

建設業界では超繁忙に対応するべく中途採用の求人を強化しておりますが、満足のいく成果はあげられておりません。一旦建設業界を去った人たちが現在の建設業界の超繁忙に戻るためにはこの忙しさがいつまで続くかということが鍵になっている湯です。東京オリンピック・パラリンピックまでは忙しいとは思えてもその後のことが不透明な状況では、現在の仕事を投げ打って建設業界に戻ることには躊躇があるようです。建設業界では新卒の採用についても拡大していますが、工事現場の施工管理者になるための資格取得には一定の実務経験が必要とされているため、たとえ試験に受かってもすぐに現場の施工管理の資格を取得できるわけではありません。即戦力とはいかないため今後とも綱渡りの状況が続きます。